過去の同人誌



トップページに戻る

オリジナル

竜の棲む村

当サークル正規の発行物では一番古い奴。311の前後に描いていた。
一話完結の竜化漫画。いつか描き直したい・・・。

発行:2012年3月20日(ふぁーすと3)
50ページ・コピー・100円

馬は火曜に青ざめる

何を考えたのか、自分にしては珍しく少女のTFもの(馬化)。正直言って、暗い話。

発行:2012年3月20日(ふぁーすと3)
16ページ・コピー・無料配布

白い和毛と黒い尾羽

子犬と竜の両方に変身できるショタおよび青年のストーリー漫画。
関西けもケットの新刊だったけど不備で出せなくなった。アリスブックスなどで売った。

発行:2012年9月15日→2013年9月16日(ふぁーすと6)
32ページ・コピー・100円

最後のメッセージ

復帰後初めてのオリジナル漫画。ダメダメなマッチョ竜獣人が人ショタのために命をかける話。

発行:2015年5月4日(けもケット4、コミティア)
40ページ・オンデマンド・300円

しっぽ騒乱記

頭の後ろから大きな尻尾が生えている獣人の少年フェイは、母親の店の手伝いでこき使われ、学校にもいけない状態にあった。

ある日、フェイは出前先の怪しい廃屋で見知らぬ男たちに連れ去られそうになる。実は、国家転覆にかかわる大きな陰謀に巻き込まれていたのであった。

ケモショタ×ケモロリの要素のある健全アクション一話完結読み切りストーリーまんが。

2015年10月31日(ふぁーすと10)
48ページ・オンデマンド・400円

竜化の礫

少年・東田幸吉は、政府に拉致監禁されて竜化能力の改造手術を受けるも、竜化が片腕だけで止まった状態にあった。

幸吉は都で起こったクーデターと人殺しの嫌疑をかけられ、竜化する年下の少年・小嶋とともに、都から遠く離れた山中を国軍から逃げ回っていた。

二人は、一軒の大きな家にたどりつくが、そこは幸吉の竜化に関わりのあるものが隠されていた。

健全ショタ竜化バトル漫画。

2016年5月3日発行
36ページ・オンデマンド・300円

竜化の礫 II

少年・東田幸吉は逃亡先の山中で無事竜化能力を手に入れ、相棒の竜化者・小嶋とともに首都・聖京に戻ろうとするが、その途上に張り巡らされていたバリアに引っかかり墜落してしまう。
助け出された先は竜化者の集う隠れ家であったが、幸吉はそこの長をしている年上の少年・孝典に逆らい、自分の住んでいた団地へと戻ろうとする・・・。

健全ショタ竜化バトル漫画の続編。

2016年8月21日発行
40ページ・オンデマンド・300円

版権

エトレンジャー

はなて!十二戦支合体光線

エトレンジャー第36話のプロット改変本。はまりたての頃、猛烈な勢いで描きまくったやつ。今考えたらこんなんよう描いたわ、とあきれるしかない。

発行:2012年3月20日(ふぁーすと3)
50ページ・コピー・100円

エトレンジャーフェスティバル

ショートギャグと4コマ中心。無料配布にしたらぞんざいな扱いをうけたので、二度と無料配布なんてやらねえ、と思った。

発行:2012年3月20日(ふぁーすと3)
16ページ・コピー・無料配布

エトレンジャーフェスティバル2

関西けもケットの新刊だったけど不備で出せなくなったやつ。結局正式にイベントで売ることはなかった。
Pixivで無料公開してる夏祭り漫画が中心で、それ以外はショートギャグ。

発行:2012年9月15日
32ページ・コピー・200円

ジーンダイバー

ジーンダイバーフェスティバル

「エウロパ人壊滅す」のコミカライズが大半。8ページのティルのストーリー漫画もあり。

発行:2013年9月23日(ふぁーすと6)
40ページ・コピー・200円

遺伝子コミカライズ

「エウロパ人壊滅す」のコミカライズが大半。8ページのティルのストーリー漫画もあり。 2013年発行の本の新装版。ページ構成とかひどかったので変えた。

発行:2015年8月23日(コミケ)
40ページ・コピー・300円

十二支爆烈伝説

2012年前半に出した3冊のエトレンジャー本を1冊にまとめたもの。復帰後はじめての本にして初のオフセット。
オールキャラギャグ漫画(4コマ、ショートコミック)と悪名高い第36話を改変したシリアス漫画から成り立っている。。

2015年3月20日発行(ふぁーすと9)
100ページ・オフセット・800円

その他

犬ぞり部短編漫画

犬ぞり部という獣人企画に描いた漫画をまとめたもの。人様のキャラを勝手に使ってるので、もうけは一切でない仕様。

発行:2016年1月17日(新春けもケット)
10ページ・コピー・100円
トップページに戻る


2015年2月1日開設